皮膚科で採用されているハイドロキノンの効果

驚異的な美白効果を持っているとして、ハイドロキノンは広く知られています。
肌の漂白剤とも呼ばれるほどの効果があるのです。
そもそもは、ハイドロキノンは、写真の現像の際の還元剤として、あるいは、ゴムの酸化防止剤や染料として工業利用されていたのです。
写真現像の作業をしていた人の肌が白くなったこところから、美白作用を持っていることがわかりました。
そして、現在のように、美白のための成分として、医療現場や化粧品に使用されるに至ったのです。
米国では、かなり以前から、しみや色素沈着の治療薬として化粧品に配合されてきました。
日本では、当初は医師の管理のもとでのみ使用が認められていたのですが、2001年に、化粧品にも使用することが認められました。
家庭で使う化粧品のみならず、美容クリニックや皮膚科などでも、重宝されています。
皮膚科では、美白効果、しみ除去、にきび跡の消去などで、ハイドロキノンをフルに活用し、大いに実績をあげています。
ハイドロキノンは効果が強いだけに、使い方を誤ると、悪影響も考えられます。
昨今、ハイドロキノンを個人輸入で購入して、自分で使用している事例が目だってきました。
ただ、正しい知識を持たないで輸入品を使うと、肌に取り返しのつかないダメージを与える懸念があります。
日本の化粧品では、濃度が4%以下にしなければならないことが法律で定められています。
4%以下の濃度のものでも、肌と合わなかったケースもありますので、本来は、病院で医師の指導を得ながら使用するのが安全です。
また、病院では4%を超える濃度のものを使用することが可能です。
早く美白を得たいとか、強力な効果を得たいというときは、病院で治療を受けるのが得策と言えましょう。