美白点滴と薬用のハイドロキノン化粧品

美白点滴は美肌を目指すうえでとても効果的な方法で、直接点滴によって体内に美白に有効な成分を取り込めるのが魅力的です。美容皮膚科のクリニックによって、美白点滴の中に含まれている成分には違いがありますが、だいたいどこのクリニックの美白点滴にも配合されているおもな成分としては、ビタミンCやビタミンB群、アミノ酸などがあります。ビタミンCは多くの人に知られているとおり、メラニンの抑制作用があるのでシミやそばかすを防ぐのには効果的ですし、コラーゲンの合成を促進してくれるはたらきもあるため弾力のあるお肌づくりにもかかせない栄養素です。そして、ビタミンB群も、とくにB2には畏怖の粘膜を丈夫にしてくれる効果があるため、肌トラブルが起きやすい人には有効です。このような美白点滴は、もちろん美白には有効なのですが今あるシミを薄くするのに高い効果があるというわけではありません。
今あるシミへの美白効果を優先に考えたいのであれば、ハイドロキノンをつかった治療がおすすめです。ハイドロキノンは、お肌の漂白剤などとして形容されることもあるくらい強い作用を持った成分なので、美白点滴よりも効率よくシミを薄くすることができますし、もちろん美白点滴と併用することでさらに色白美肌を目指していけます。
巷には薬用と名のついている美白化粧品も多く目につきます。それらの薬用化粧品にはアルブチンやコウジ酸といった有効成分が明記されていると思いますが、そういった薬用化粧品の美白成分よりも、およそ100倍も高い美白効果があるといわれているのがハイドロキノンです。美白点滴や薬用美白化粧品を使ってもいまいちだった人は、ハイドロキノン入りのクリームがおすすめです。