ハイドロキノンの皮膚科処方と通販の価格比較

ハイドロキノン(hydroquinone)は、イチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれる物質であり、美白効果が臨床研究などで立証されている成分です。日本では、ハイドロキノンの2%までの配合が厚生労働省に認められていて、市販の化粧品などへの配合も認められています。2%よりも高い商品は、医師による処方が必要であり、副作用などのリスクもあるため、注意しなければいけません。動物実験などにより、5%の濃度の医薬品を使用した場合には、発がん性があるとされていて、ヨーロッパなどでは使用が禁止されているところもあるため、4%までの医薬品を中心に使うことが多くなっています。
ハイドロキノンは、クリニックで処方してもらっても、保険適応外になり、自由診療になる場合が多いです。4%配合されているものが、10gが4000円前後で売られている場合が多く、比較的高値で売買されています。海外から輸入する場合は、4%配合の場合、20gで1400円前後で売られていて、送料などを含めても、非常に安い価格で購入することが可能です。しかし、パッチテストや、医師による診断などを行ったことがない人がいきなり高濃度のハイドロキノンを使う場合には、危険なことが多いため、最初は皮膚科などで肌の状態を確認してもらって、皮膚科医などの指導のもとに薬を使用を継続した後に、何も問題が生じなかった場合に通販などで購入することが良いものとされています。
ハイドロキノンを使った美白治療の期間は、一般的に3ヶ月ほどで完了するとされています。レーザー治療などの他の治療法と組み合わせて使用することも可能であり、きれいで美しい肌に仕上げることが可能です。