ひじ下脱毛注意点~色素沈着はハイドロキノンで改善~

今、脱毛の主流となっているのは、レーザー脱毛と光脱毛です。
レーザー脱毛は美容皮膚科などの医療機関で、光脱毛は脱毛サロンで受けられます。

どちらも脱毛時の痛みが少ない、脱毛効果に優れているという事で人気です。
特にレーザー脱毛は永久脱毛の効果があるので、しっかり無駄毛を脱毛したいという方に選ばれています。

レーザー・光脱毛共に、全身脱毛が可能です。
女性の場合、ひじ下の無駄毛ケアは欠かせません。
半袖を着た際、肌が露出してしまう部分ですので、いつも無駄毛の無い状態をキープしたいものです。

カミソリでの除毛はすぐに無駄毛が伸びますし、何より無駄毛が伸びた際のチクチク感が気になる所です。
レーザーや光による脱毛であれが、毛根から無駄毛が抜けるので、カミソリでの除毛でありがちなトラブルを起こしません。

ただ、ひじ下をレーザーや光で処理する場合、脱毛注意点もあります。
その脱毛注意点とは色素沈着です。

レーザー脱毛・光脱毛はメラニン色素に反応して無駄毛を処理します。
ひじ下が日焼けによって色素沈着ができている場合、レーザーや光を照射した際、毛根ではなく皮膚にダメージを与え、火傷を引き起こす恐れがあるのです。

ですので、多くの医療機関・脱毛サロンでは色素沈着がある部分の施術は行っていません。
特にひじ下は焼けやすい為、色素沈着が起こりやすい場所です。

もし、色素沈着ができてしまっている場合は、ハイドロキノンで美白ケアしてみましょう。
ハイドロキノンはシミ治療に用いられる、外用薬として知られています。
メラニン色素を薄くする作用や、作り難くする作用を持つ成分です。

ひじ下に色素沈着がある場合でも、ハイドロキノンでの治療で改善すれば、その後脱毛を受けられます。
脱毛注意点もありますが、しっかりケアすれば肌にダメージを与える事なく、脱毛できるのです。